幹事会だより

幹事会だより(2016/6/27開催)

●平成28年度第6回OB幹事
6月27日(木)19時~早稲田奉仕園アイビーハウス2階
幹事17名およびOB担当マネ1名が出席

【報告事項】
1)平成28年第5回OB幹事議事録の確定

2)関連・友好団体情報
・OBメンバーズ
2017年4月16日(日)大和田さくらホールでの演奏の曲目が(1)多田武彦「父のいる庭」(2)ブラームス「Nanie」(3)荻久保和明「季節へのまなざし」に決定。練習は9月頃から。(3)の指揮は作曲者の荻久保先生。この曲はワセグリの委嘱により男声版初演がなされたことと、楽譜の版元の音楽之友社が30年ぶりにこれを出版したというタイミングが合い、先生も快諾したという経過。
・横浜稲グリ
第9回定演は来年6月29日(木) 神奈川県民小ホール(土日の場が取れなかった)。
・倶楽部グリー
石巻での慰問演奏の日程は9月24日(土)、25日(日)に決定。11月26日(土)の富山公演の翌日27日(日)に、校友富山県支部総特ステも決まった。

3)現役関連情報
東西四連(6月28日(日)兵庫県立芸術文化センター)の報告。ワセグリは本番1週間ほど前から体調不良者が続出し、出来は今ひとつ。体調管理の大切さを再認識。(連盟として)チケット販売やDVD収録で問題があった。今回は演奏・運営の両面で今後に生かすべき経験をした。

4)OB費納入状況
6月26日現在で費納入者数は408名。

5)各担当・委員からの報告事項
●第9回OB六連(7月18日(月・祝)東京芸劇)
練習はあと3回、暗譜も進んでいる。オンステ人数は55名ほどの見込み。チケットはS券が約180枚(90%)売れており、黒字の見込み。現役に招待券を10枚ほど用意。
●還暦・順グリ(7月30日(土))
現在の出席予定は、還暦年度16名、これに順グリII関係、家族、現役を加えて112名。
●稲門祭(10月23日(日))、稲門音楽連盟関連
音連13団体が出演する稲門音楽祭の場が10号館でほぼ確定。大隈講堂や小野講堂を使う催しは詳細未定。指揮者は田中宏さん(H4卒)。
●日本点字図書館演奏(12月18日(日)府中の森芸術劇場)
(1)岡村さん・小森さんの対談がなくなり、時間は曲の増減で調整。
(2)OBからの出演エントリーはま30名足らず。東京稲グリ、シニアでは別途取りまとめ中。最終的には60名くらいか。
(3)練習日程は関係者で調整後、近々発表。9~12月に毎週練習する方向。
(4)チケットは、点字図書館側で7月1日発売の手配。チラシ作成も予定通りの進行で、OB六連パンフ等にチラシを挟み込む。
●第21回OB四連関連(2017年7月23日(日))
6月10日(金)第2回マネでの決定事項。
場は昭和女子大学人見記念講堂、打ち上げ場は恵比寿ガーデンホール(ガーデンプレイス内)。打ち上げへの移動手段を今後検討。演奏時間は各校20分。合同曲はアカペラ曲でないとステージに乗り切れない可能性あり。チケットについては3,000円が上限。各校に広告割り当てあり。次回マネは11月なので、それまでにすべて決定し、来年1月の総で曲の発表、楽譜の配布をしたい。
●AWF関連(2017年10月21日(土)かつしかシンフォニーヒルズ)
6月18日(土)の第1回実行委員に7名出席。全グループのリーー確定。今後の議は年内は9月・12月の2回、来年1月以降毎月開催。各グループリーーには年内にグループ内の運営や連絡の組織を整備してもらう。
●100~110年史作成関連
年度の窓口はほぼ出揃い、編集長とのやりとりも行われている。現3年生の第110代についても編集長と連絡が取れるようにする。
●名簿管理関連
近く関係者で合を持ち、進め方について検討する。
●「広報委員」準備関連
6月20日(月)の第1回合に10名出席。経緯説明後、稲グリ新聞のこれまでの歩みを確認し、問題点や今後の取り組み・アイデア等について意見交換。


コメントを残す