幹事会だより

幹事会だより(2016/7/26開催)

●平成28年度第7回OB幹事
7月26日(火)19時~早稲田奉仕園アイビーハウス2階
幹事14名およびOB担当マネ1名が出席

【報告事項】
1)平成28年第6回OB幹事議事録の確定

2)関連・友好団体情報
・OBメンバーズ
2017年4月16日(日)・大和田さくらホールでの演奏に向けての練習は9月17日開始予定。
親交のある同志社グリークラブOBシンガーズ(DOBS)の第3回演奏が9月18日(日)大阪のいずみホールで開かれ、ワセグリOBも数名出演する。

3)現役関連情報
7月2日(土)新入生による『金の卵コンサート』は、T1=4、T2=8、B1=12、B2=8の計32名オンステ。全体では35名が在籍。
LINEによる連絡活動が非常に効果があった(費用対効果も抜群)。それ以外は上級生との小人数での食事等。
チケット販売市場も合唱人口の減少で苦境。ワセグリとしては、新入生を比較的多く獲得できたことで、こうした苦境の打破―さしあたり100人オンステの復活を目指す。
★現役は、MIDIという電子機器接続方式で練習をする者が多く、この作業に多くの時間がかかるため、スコアメーカーというソフトを導入したい意向。パソコンが必要なので、廃棄の予定があるOBにはぜひ譲っていたきたいと由。

4)OB費納入状況
7月25日現在で費納入者数は420名(前月比+18名)。

5)各担当・委員からの報告事項
●第9回OB六連(7月18日(月・祝)東京芸劇)
入場は1,500人超。稲グリは「島よ」を演奏し、概ね好評。作曲者の大中恩先生も絶賛の由。稲グリ割り当てのS券(208枚)は完売、A券が若干残った程度。ホテルラングウッド(日暮里)での打上げ出席者は252人。
●還暦・順グリ(7月30日(土))
出席者は順グリII関係、家族、現役を加えて120名の予定。各代の学指揮が多いほか、還暦年代(S54卒)の上の3代も40数名を占める。
●順グリ(10月22日(土))
8月中旬に、参加年代の各幹事に出席者確認依頼を出す予定。本番当日の1週間くらい前に、“プレ順グリ”として「練習」+「懇親」開催を企画。
●稲門祭(10月23日(日))、稲門音楽連盟関連
音連合唱団(13団体)が出演する稲門音楽祭の開催場所は10号館に確定。詳細は未定。
稲グリ、早混と早大合唱団のOB・OG3団体による稲門祭オープニングは大隈講堂内。「早稲田大学校歌」「早稲田の栄光」「紺碧の空」の3曲を予定。指揮は田中宏さん(H4卒)。
●第21回OB四連関連(2017年7月23日(日))
指揮者の人選や選曲については、継続審議。
●100~110年史作成関連
年度の窓口担当者が全員確定。
●名簿管理関連
8月6日(土)に担当幹事が集まり、前回の流れを確認しつつ、進め方の案を作る予定。
●「広報委員」準備関連
7月25日(月)に第2回合を開催。8名出席。新聞発送経費抑制の検討。YouTubeでの音源配信による広報体制についての検討。それぞれ次回までに必要な調査を行う予定。
●その他
・S55卒以降のOBに関係することで、OB一斉メール使用について幹事が事後承認。内容は、「8月27日北軽井沢小学校でのミニコンサート開催と、当地での夏合宿で長くお世話になっている松尾伊都子さんの米寿のお祝いをする」というもの。
・稲門音楽連盟合唱3団体への8月12日、13日「花は咲く」の合唱エキストラ募集のご案内。ドイツ・バイエルン州青少年オーケストラが来日、各地で公演するが、神奈川、東京での合唱参加者を募集している。幹事経由で関連団体等に適宜拡散・広報する。

【審議事項】
●日本点字図書館演奏(12月18日(日)府中の森芸術劇場)
天羽明惠さん(ソプラノ)の時間を延ばす方向で考えているが、コーラスのほうは新曲が増えるということはない。
府中の森芸術劇場が共催のため、専門の場スタッフを出してもらえる見込みになった。
ステージマネージャーについてワグネルOBとも相談し、やはり両団でスタッフを出した方がよいということになり、出演メンバーが固まったところで検討する。
チケットは7月初めに売り出して1か月ほどが、これから本腰を入れていく。
練習は9月17日(土)13時~17時、昌平童夢館からスタートで、以降全14回実施。費用負担を抑えるため点字図書館の練習場が中心。早慶合同練習は12月11日(日)1回のみ。
日程・経費等をさらに詰めて案内を作り直し、報告する。


コメントを残す