帝国ホテルに響いたクリスマスキャロル


現役の早稲田大学グリークラブは12月24日(日)、慶應義塾ワグネル・ソサィエティー男声合唱団と、毎年恒例となる帝国ホテルでのクリスマスロビーコンサートに出演。ランデブーラウンジ光の壁前に整列した総勢約80人のメンバーが、クリスマス・イブを楽しむ多くの来館客を魅了した。

ワセグリは「White Christmas」など3曲、ワグネルは「Silent Night」など3曲、合同で「O Holy Night」など3曲の計9曲を披露した。お互いに代替わりして初めての演奏会だったが、どちらがワセグリかワグネルかわからないほどトーンが揃い、両者のハイレベルな演奏を聴き比べることができた。

帝国ホテルといえば、東日本大震災が起きた2011年3月11日、帰宅難民2000人以上を受け入れ、水や食料、毛布やタオルなどを無償で提供した。そんな一流のホスピタリティに少しでも関わることができるこの機会を、今後も後輩たちに受け継いでいってほしい。

 



コメントを残す