現役「金の卵コンサート」 新人23人が22曲を熱唱


6月30日、早稲田奉仕園スコットホールで「金の卵コンサート」が行われました。新入生練習(F練)の集大成としてのステージに総勢23名がオンステし、上級生のほか慶應ワグネルや大学女声合唱団の方々にもお越しいただき、大いに盛り上がりました。
新入生にとって、22曲を暗譜で演奏することは容易ではなかったと思いますが、積極的に自主練をしてくれたこともあり、質の高い演奏会になったと思います。
4月11日から水曜日と土曜日の週2回行われたF練では愛唱曲34曲を扱い、基本的な歌唱法や音楽の楽しみ方を知ってもらうことを重視した練習をしました。これから先、つらい練習の中でも音楽を楽しむことを忘れないでほしいと思います。
新入生は10月7日(日)の早慶合同演奏会でデビューとなります。これからのワセグリを担う彼らの活躍にご注目ください。
サブ学生指揮者   横野奏士郎(3年)

コスプレ?にも挑戦した金の卵コンサート(早稲田奉仕園)