還暦会&順グリ会Ⅱ S57卒、思い出の歌を熱唱 

 

早稲田大学グリークラブOB会の第27回還暦会&順グリ会PartⅡが8月31日、東京・早稲田の早稲田奉仕園、大隈ガーデンハウスで開かれた。還暦年次のS57卒が15人、順グリ会ⅡのS58~63卒が48人、その他の世代や来賓も含めて118人が参加。還暦を迎えた年次を思い出の歌を祝い、各年次が旧交を温めた。

第1部の奉仕園スコットホールでの演奏会は、武熊聡さん(S58卒)の司会で開会し、順グリ会Ⅱの演奏でスタート。利光敬司さん(S60卒)の指揮で、「Vive L’Amour」「夜のうた」「斎太郎節」を歌った。

順グリ会Ⅱのステージで開幕

そして還暦ステージは、山本正洋さん(S57卒)の指揮、安宅望さん(同)のMC、上杉奈央子さんのピアノで、三木稔の「レクイエム」の前奏から“おごそかに”始まり、いきなり大河原敏雄さん(S57卒)作詩作曲の「演奏旅行の歌 心の輪」の明るいメロディーに転じて、会場を沸かせた。続いて「青い照明」(清水脩作曲)より「高原」、「月下の一群」(南弘明作曲)より「小曲」「輪踊り」、A.カプレの三声のミサより「Sanctus」を歌った。

還暦会ステージの「Shenandoah」の演奏
アンコールは「メリーウィドウ」より「デュエット」を、ソプラノの山本恵子さんが加わって演奏

 

さらに還暦ステージは大河原さんが自作の曲を披露した後、SEA CHANTIESより「Shenandoah」、R.シュトラウス愛の詩集より「万霊節」、「光る砂漠」(萩原英彦作曲)より「恋の詩でも読んだあとのように」「早春」を繊細なハーモニーで演奏。そしてアンコールでは、山本さんの夫人でソプラノ歌手の山本恵子さんが加わって、「オペレッタ メリーウィドウ」より「デュエット」を歌った。計10曲も歌い上げたステージに、参加者から大きな拍手を受けた。日本女子大学、神戸女学院の同期の方々も駆けつけて、花を添えていただいた。

最後は参加者全員で「見上げてごらん夜の星を」「最上川舟唄」「Soon Ah Will Be Done」を歌って、閉幕した。

第2部は大隈ガーデンハウスに場所を移して、祝賀会を開いた。OB会の柿沼郭会長(S53卒)が2020年のOB六連、21年のOB四連(早稲田が幹事)、22年のOB会70周年記念演奏会などの日程を紹介したうえで、「ワセグリの仲間を思い起こして、これからの人生に位置づけてほしい」とあいさつ。山本正洋さん(S57卒)指揮のクラブソング「輝く太陽」で乾杯した。

祝賀会の出席者の記念撮影

還暦メンバーを代表して荒川勝男さん(同)が「S57卒の24人の仲間のうち、15人が参加した。我々の世代は昭和で30年、平成で30年生きた。新しい令和の時代も元気で30年頑張って、強い絆をさらに深めていきたい」と、お礼のあいさつをした。

このあとS57卒の入部時の4年で、学生指揮者だった渡辺明さん(S54卒)、板東功さん(同)がお祝いのメッセージを送った。渡辺さんの指揮で、1978年東西四連の際に大阪に向かう新幹線の中でメンバーが必死で暗譜し、ストームで初演した「Slavnostni Sbor」を全員で歌った。

渡辺明さん(S54卒)の指揮で「Slavnostni Sbor」を演奏
「遥かな友に」を大越智さん(S58卒)の指揮、平田耕造さん(S57卒)のソロで演奏
最後は全員が肩を組んで「早稲田の栄光」を歌って閉会した

続いて「紺碧の空」「ひかる青雲」「U Boj」を歌い、「遥かな友に」を大越智さん(S58卒)の指揮、平田耕造さん(S57卒)のソロで演奏。最後は山本さん指揮で、参加者全員が肩を組んで「早稲田の栄光」を歌い、岩淵靖宏さん(S58卒)のあいさつで閉会した。

皆にエールを送って胴上げされる荒川勝男さん(S57卒)
演奏曲を指揮した各年次の元学生指揮者=左から佐久間宰士さん(S63卒)、大越智さん(S58卒)、山本正洋さん(S57卒)、渡辺明さん(S54卒)、笹原優樹さん(S59卒)、利光敬司さん(S60卒)